米国行き搭乗者対象陰性証明書について

[2021年1月26日以降、米国行き搭乗者対象]

2021年1月26日からアメリカに入国する際は、搭乗手続き時に航空会社に3日以内のCOVID-19検査陰性証明書の提示と宣誓書(Attestation)(英語ページ)の提出が必要になりました。

1. 発行日:2021年1月26日(火)

2. 旅行者(注)は米国行きフライトの出発3日以内にウィルス検査(Viral Test)を受け、検査結果を書面または電子情報(Electronic Copy)で航空会社に提出する。
また、感染者については回復したことを証明する書類を提示する。

参考:航空会社チェックリスト(検査要件)
Airline Checklist: How to Verify Negative Qualifying Test Results or Documentation of Recovery from COVID-19 for CDC’s Order 
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/pdf/Airline_Testing_Order_Checklist-p.pdf

3. 航空会社では乗客を搭乗させる前に、検査結果が陰性(Negative)であること(感染者については回復していること)を書類で確認しなければならない。

4. 航空会社は、乗客が陰性の検査証明(感染者については回復していることを証明する書類)を提示しない場合や検査を受けていないことを確認した場合には、搭乗を拒否しなければならない。

5. CDCでは、米国渡米前に実施する検査に加えて、ワクチン接種済みの方は、米国到着後3-5日後に検査を受ける。
ワクチン未接種の方は、米国到着後3-5日後に検査を受けたうえで、旅行後7日間は自宅待機(stay home)するよう推奨している。(到着後検査を受けない場合は10日間)

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/after-travel-precautions-japanese.html


可能なウイルス検査の種別
CDC情報ではNAATかAntigen testで現在ウイルスがあるかを確認する検査となっています。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

日本語にすると

*NAAT test 核酸増幅検査

    • Nucleic acid Amplification Test(real time RT-PCR)
    • Nnucleic acid amplification test (LAMP)

*Antigen test 抗原検査

    • Quantitative antigen test (CLEIA) 抗原定量検査

検査機関 2021年9月29日調べ ※最新情報は直接お問い合わせください。

※下記は検査機関の参考情報ですが、CDCの要求する検査内容に適応しているかどうかについてはご自身にてご確認お願いいたします。

※【2021年7月28日追記】
木下グループPCR検査センター/羽田空港第1ターミナル店(マーケットプレイス4階)【クイック検査(抗原定量検査)】の陰性証明をユナイテッド航空で受け付けるとの案内がありました。検査は1900円(税込み)とリーズナブルです。
※注:日系航空会社は、本人確認のため、パスポート番号か生年月日が記載されていない陰性証明書は認めない方針と聞いております。航空会社により対応が異なりますのでご注意願います。

※14日間の検疫期間中は検査訪問を受け付けていない場合があります。

TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)
Testing Center for Overseas Travelers ※検索にはご利用登録が必要です。
https://www.tecot.go.jp/

TeCOTは、厚生労働省と経済産業省が運営するセンターです。

新型コロナウイルス感染症の検査が可能な医療機関を検索・比較、スムーズにオンライン予約ができるサービスを無償で提供しています。
※予約代行は、日本国内の登録旅行業者に限られます。

自費検査を提供する検査機関一覧(厚生労働省HPより)

eMed ビデオ付検査キット アメリカ在住者向け(事前にアメリカ国内で購入して持参する必要があります。)


成田空港
成田国際空港PCRセンター
https://www.narita-airport.jp/jp/news/pcr_testing_center

日本医科大学成田国際空港クリニック
https://www.nms-pcr.com/
検査、証明書発行料金-9:00-17:00 予約ありー30000円 予約なしー50000円
 (税込)17:00-翌9:00予約ありー46500円 予約なしー50000円

時間 第1ターミナル 9:00-17:00 第2ターミナル 24時間
検査方法ーRT-PCR法、または、リアルタイムRT-PCR法
ウェブサイトから予約可能

日本医科大学成田国際空港クリニック
成田国際空港 PCRセンター
電話:0476-34-6805 (9:00-21:00)
090-9002-4829 (21:00〜翌9:00)
FAX:0476-34-6806
mail:narita-pcr@nms.ac.jp


羽田空港
東邦大学 羽田空港第3ターミナルクリニック
https://pcr.toho-haneda.org/

検査内容ー唾液PCR検査(RT-PCR)

料金ー38,500円(税込)(検査料・証明書発行料を含みます。)
各種クレジット払い対応

*治療のための検査ではないので保険適応ではありません。
 なお、陰性証明書の他にFit to fly診断書の発行には別途診察と料金が必要になります。

検体採取ー全日(土日祝日を含む)
[午前] 9:00-11:30
[午後] 13:00-17:30
陰性証明書発行ー検査終了後、最短2時間、再検を要した時など最長4時間で検査結果が判明いたします。
以下の時間帯にお受け取りください。
全日(土日祝日を含む)[午前] 9:00-11:30[午後] 13:00-22:00
*検査後会計の際にお渡しする引換券とパスポートを忘れずにご持参ください。


中部国際空
中部国際空港PCR検査センター
藤田医科大学 中部国際空港診療所
https://www.centrair.jp/service/medical-clinic.html

【申込先】
 藤田医科大学中部国際空港診療所
 Mail:airport@fujita-hu.ac.jp
 Tel :0569-38-7050/FAX:0569-38-7051
 予約サイト:https://coubic.com/pcrairport/booking_pages#pageContent

・営業時間 年中無休(診療所の営業時間に準じる)
・検査時間 9:00-17:00(事前予約制)
・検査方法 RT-PCR検査
・検査容量 一日あたり最大約100件
・検査料  38,500円(税込)※証明書発行手数料(1通)含む
・渡航日の3日前までの予約はウェブサイトから予約可能、それ以外は電話
・検査実施より約3時間(最短)で証明発行
・陰性証明書受け取りは第1ターミナル3階案内センターにて
・支払いは現金または各種クレジットカード


関西空港
近畿大学医学部関西国際空港クリニック
https://www.med.kindai.ac.jp/kanku/
大阪府泉佐野市泉州空港北1番地旅客ターミナル2階 〒549-8681
TEL:072-456-7185

検査費用 44,000 円(税込)
※クレジットカードは、JCB と VISA をご利用できます。
※費用には、検査料と英文陰性証明書の発行料が含まれています。
※健康証明書が必要な場合は、予約時に“健康証明書が必要”とのコメントの登録をお願いします。
 別途 5,500 円(税込)が必要です。
※万が一結果が陽性の場合は、証明書の発行はいたしませんが、検査費用の返金はできません。
※領収書は日本語のみ対応となります。検査日時平日のみとなります(土日祝日、年末年始は実施しておりません。)
 月曜から金曜午前9時から11時 午後13時から14時半 完全予約制のため、必ずご予約ください。


Tケアクリニック
PCR検査指定医療クリニック
(ハワイ州・中国大使館 認定)
https://www.tcclinic.jp/pc/pcr/?gfcd=373PeJyUA6

〒105-0013 東京都港区浜松町2-13-9-2F
JR浜松町駅 南口改札 金杉橋口から徒歩3分
検査時間:0:00~23:59
電話:0120-985-717
土日祝祭日も受診可能


私たちNTAアメリカのスタッフが皆様のお問合せをお受けしています、日本語でお気軽にお問合せください。以下のフォームをご利用ください。